人によって歩き方に差

気を付けて歩いているつもりでも、人によって歩き方に差がありますよね。
でも靴底の減り方で体からのSOSがわかるってご存知ですか?
中心とかかとがすり減っている場合
危険度30%スリ足タイプアキレス腱が硬く、足首が動いていない。
つまさきがきちんと使えていない証拠です。
重心が後ろに傾いているので無意識に前のめりになているので腰痛の危険性、つまずいてしまう。
外側が減っている場合。
60%の人がガニ股で歩いている。
重心が外側に傾いて減っている場合。
ひざ痛がありふとももの内腿の筋肉がないことがわかります。
内側が減っている人は内股で歩いている。
重心が内側に傾いているので膝が変形している。 
自分はどれかと見たのですが、どれにあてはまるかわかりませんでした。(笑)