その背景があってこその物語

他の作品を読んだことがある作家さんの本を読みました。
ドラマ化をしているとのことだったので、読んだあとに俳優さんは誰だったのかなとサイトを見てみました。
何気なくあらすじを読んだら原作の小説と全く違う内容だったんですよ。
主人公と彼女は幼馴染で付き合った仲でもあったのに、ドラマでは見知らぬ人として出会って気になる存在になるとかなんだそりゃ。
映像化すると原作と変更になっているのはよくあることです。
でも登場人物の背景を全く変える意味がわかりません。
その背景があってこその物語だったのに、彼女にも謎の過去が?みたいにわざとらしくミステリー調にしているのにも違和感しかありません。
これを許した作者に対しても怒りがわきます。