悲しみは二倍

10年来のシリーズものの最新作で、陰の立役者的なキャラクターが最後に殺されてしまい涙が出てしまいました。
思いっきり脇役だけれど必要な人物だったのに、最後の最後で大した意味もなく殺されてしまった感じがしてとても悲しかったです。
読み終ってからネットで他の人の感想でも見ようかなと思ったら、今度は現実世界の訃報にショックを受けました。
ファンだった、とは言えないかもしれないけど曲も好きだったしラジオも毎週聞いていました。
あのころは音楽雑誌を買っていたから顔だって鮮明に覚えていますよ。
病気を公表してたった二ヶ月で旅立ってしまうなんて・・・。
物語の中の登場人物の死とは別物です。
それでも悲しみは二倍になってしまいました。

コメントは受け付けていません。