[ほどなく、お別れです]

長月天音さんの[ほどなく、お別れです]を読みました。
上手くいかない就職活動を休んで元々やっていた葬儀屋さんのバイトをする美空。
彼女が生まれる前日に姉が亡くなった事を祖母に聞いています。
葬儀屋のバイト中に普通の人には見えないものが見えたり感じたりする彼女が主人公です。
職場にいたちょっと異質な漆原さんとその友人でもある僧侶の里見さん。
里見さんは美空と一緒にいる可愛らしい子は誰かと聞きます。
姉がずっと一緒にいてくれたわけです。
ホラーは好きじゃないけれど、葬儀屋という仕事柄一話一話で泣けてくるので目が痛くなりました。
悲しいけれど悲しいだけで終わらない素敵な話しでした。
デビュー作とのことなの今後の作品も楽しみです。

コメントは受け付けていません。