イビキに関係するあれこれ

イビキに関係するあれこれ
閉経
ホルモンのバランスで
プロゲストロンという呼吸安定ホルモンがありますが閉経で少なくなってきてしまいイビキをかく
気道を開く働きがある呼吸安定ホルモン
小顔
アゴの大きさが関係している
舌を包んでいるアゴが小さいというおことによって、格納容器が小さいということでイビキがかきやすい。
舌が収まりきらずに喉の奥に沈み込んでしまってイビキ
小顔の判断基準
手鏡を持ち大きく口をあけてみましょう。
その状態で舌をべーっと出してみる。
その時に自分で喉の奥が見えない場合はアゴが小さ目でイビキがかいている可能性があります。
喉の奥の方が見える方が正常なんですね。
歯医者でアゴや口が小さくて治療しにくいと言われたので恐る恐る見てみたら、普通に見えましたよ!

コメントは受け付けていません。