良い家族関係

小学生まで赤いランドセルで戸籍の通り女子だった子が中学生では男子として生きていくという紹介をテレビで見ました。
授業中に隠れながら男子トイレに行った、この子は母と弟と3人暮らし。
9歳の時に母親に告白。
生きにくい、死にたいと告白されて、母と祖母は受け入れたそうです。
良い家族関係がなければ、子供の時に告白することは出来なかったでしょう。
女性らしくかわっていく体を見たくない、二次性徴を抑える薬をうつ生活。
法律上の名前を小学校卒業前に変更して小学校の人がいない中学に入学。
入学してから女の子として生きていたことをカミングアウト。
周りの大人が認めてくれる人が多かったからって言っていたこの子は幸せなことですね。

コメントは受け付けていません。